キッチン リフォーム基礎知識

アレスタ プラン1

キッチンをリフォームするとき、基礎知識として押さえておきたいポイントをまとめました。

すべて把握する必要などないと思われますが、担当者にイメージを伝える際の参考にしていただくと、理想のリフォームに近づけることができると思います。

ポイントを的確に押さえてキッチンリフォームを成功させましょう!

レイアウト

キッチンリフォームで最初に決めておきたいのが流し台のレイアウト(配置)です。おいしい料理を効率よく作るためには良い動線が欠かせません。またお子さんの小さいご家庭ではお子さんに目配せができるかどうかも大事なポイントです。

レイアウトは工事途中での変更が非常にむずかいので、しっかり計画しておきたいポイントです。

壁付けタイプ

もっともシンプルな壁付けタイプは一般的に動線がシンプルで、収納力が高いといわれ、効率的な作業が期待できます。また設置面積が少なく済み、キッチンの広さがあまり確保できない場合などにはおすすめのレイアウトです。また費用などでも有利な点が多いので、現在でも最も多くのご家庭で見られるレイアウトです。

一方、家族とのコミュニケーションをとりながら調理をしたり、来客との会話を楽しみながらティータイムを楽しんだりするのには不向きなレイアウトといえます。

リフォーム後のライフスタイルを考えながらプランニングをしましょう。

 対面タイプ

食器棚や冷蔵庫を背中に配置して、リビング向きにキッチンを配置するプランです。

リビングなどに面してワークトップを配置しますので、調理をしながらのコミュニケーション力は高く、背面がクローズド(出入口などがなく、壁だけの場合)にでき、冷蔵庫や収納キャビネットを効率よく配置できる場合には、動線効率も良好で高い作業性の両立も期待できます。

一方、このタイプは設置面積を比較的多く要しますのでリビング、ダイニングなどの面積が狭い場合や、建具などの開き勝手などによっては使い勝手が悪くなることもあります。

事前の計画をしっかり立ててイメージに近いリフォームを成功させましょう。

アイランドタイプ

アレスタ プラン1

リビングダイニングの中に独立したワークトップを配置するプランです。リビングなどに存在感のあるワークキャビネットはスタイリッシュで華やかです。

ワークトップの周囲がフルに調理可能なスペースになりますので、数人で調理をする場合でも効率よく作業が可能です。人数の多いご家族や来客の多いご家庭などにはおすすめのプランです。

こちらのプランの欠点はキャビネットの周囲がワークスペースになる分、キッチンの必要面積が大きくなることや、上手にプランニングを行わないと冷蔵庫や炊飯器といった調理器具などとの動線が悪くなり、作業効率が落ちてしまうことなどがあげられます。

いずれにしても、最初の計画段階でしっかりプランニングをしておけば解決できることも多いので希望を担当者に伝えておくことが大事です。

用語

いろいろなメーカから様々な種類のキッチンが販売されていますので、システムキッチンにはタイプや機能ごとに名称がついていますので、基本的な用語をご説明します。

・キャビネット

キッチンのフレーム(骨組)になる部分を指します。木製やステンレス製、ホーロー製などメーカーによって工夫が見られる部分です。

・ワークトップ

流し台の作業台を指します。流し台の左右やガスコンロの左右、食器洗浄機の取付の有無や浄水器の取付の有無など作業性に直接かかわる部分ですので慎重に選びたい部分です。

素材は一般的なステンレスや人造大理石のほか、最近では丈夫なセラミック製などもあります。

・キッチンパネル

コンロやシンクからの飛び跳ねた汚れを簡単に拭き取ることができます。最近ではデザイン性に優れたものも多く、キャビネットの扉に合わせて豊富なデザインの中から気に入ったキッチンパネルを選ぶことも可能です。

・スライド式収納

従来の観音開きの扉とは異なり、キャビネット部分が引き出しタイプの収納になっているものを指します。収納力が高い反面、お買い物袋を床に置いておくと扉が開かないなど一長一短な部分もあります。

・シンク

 

・ビルトイン浄水器

・コンロ連動換気扇(コンロ連動レンジフード)

・耐震ロック吊戸棚